2022/11/08
国と地方公共団体の業務・工事の基本情報との連携拡充

~電子納品データの件数拡充とMy City Constructionとの本格連携開始~

国土交通データプラットフォームについて、電子納品・保管管理システムとのAPI連携により工事管理ファイルと連携を行い、過年度の直轄工事情報の連携データを約2.8万件から約4万件に拡充しました。
また、これまで地方公共団体が利用するオンライン型電子納品システムMy City Constructionとの一部連携を行っていたところですが、自動連携を開始し、地方公共団体の業務・工事の基本情報の連携データを約1,900件に拡充しました。

【今回のデータ拡充(ver2.2)】

直轄工事のデータ

  • 電子納品・保管管理システムに保管されている工事基本情報【約1.1万件追加】

※2015~2021年度完了工事のうち、前回更新時(2022年1月中旬)~2022年7月までに電子納品・保管管理システムに登録済みの工事を対象

地方公共団体の業務・工事のデータ

  • オンライン電子納品My City Constructionとの自動連携を開始
  • My City Constructionに登録されている業務・工事の基本情報【約1,700件追加】

※My City Constructionに登録済みかつ発注者の承認があった業務・工事を対象


国土交通データプラットフォームに関するご意見ご要望などがございましたら、こちらからお寄せください。
国土交通省が進めている国土交通データプラットフォームの構築にあたり、産学官の連携を更に強化するため、国土交通データ協議会を設置し、プラットフォームの利活用やデータ提供等の活動をして頂ける方々の会員公募を行っております。
詳しくはこちらの会員公募を参照ください。