2020/09/08
国土交通データプラットフォームver1.1 リリース

国土交通データプラットフォームは、ロードマップに基づきデータ連携の拡大を行いました。
新たに追加されたデータは次の通りです。

全国幹線旅客純流動調査

全国幹線旅客純流動調査は、我が国の幹線交通機関における旅客流動の実態を定量的かつ網羅的に把握することを目的とした調査です。
この集計データのうち、都道府県間流動表を地図上に可視化しました。
地図表示画面のエリア選択で都道府県を指定、データ選択で「全項目」または「その他データ」を指定し、検索ボタンをクリック、レイヤリストから全国幹線旅客純流動調査の表示したい項目をクリックすることで表示できます。


FF-Data(訪日外国人流動データ)

既存の統計調査で得られた情報を活用し、訪日外国人の都道府県を越える国内流動を整備したデータを地図上に可視化しました。
地図表示画面のエリア選択で都道府県を指定、データ選択で「全項目」または「その他データ」を指定し、検索ボタンをクリック、レイヤリストから訪日外国人データの表示したい項目をクリックすることで表示できます。


地理院タイル

国土交通データプラットフォームから表示できる国土地理院の地理院タイルとして、背景地図として7種類、平成29年度以降の近年の災害タイルを追加しました。
背景地図は、地図表示画面の右上のプルダウンポタンをクリックすることで、切り替えることができます。
災害タイルは、エリア選択で都道府県を指定、データ選択で「全項目」または「その他データ」を指定し、検索ボタンをクリック、レイヤリストから表示選択することで表示することができます。


東京都ICT活用工事データ

地方公共団体との連携として、東京都が実施した工事2件の3次元データを表示できるようにしました。
地図表示画面のエリア選択で「東京都」を指定、データ選択で「点群データ」を指定し、検索ボタンをクリック、レイヤリストから東京都ICT活用工事データの表示したい項目をクリックすることで表示できます。


国土交通データプラットフォームに関するご意見ご要望などがございましたら、こちらからお寄せください。
国土交通省が進めている国土交通データプラットフォームの構築にあたり、産学官の連携を更に強化するため、国土交通データ協議会を設置し、プラットフォームの利活用やデータ提供等の活動をして頂ける方々の会員公募を行っております。
詳しくはこちらの会員公募を参照ください。